行き先不明

実は最近ぴーが学校に行けていない。

俗に思春期病と呼ぶらしい。

経度の貧血状態から、腹痛・頭痛・微熱が続き、身体のだるさが抜けない。
だからぴーは「学校に行きたい」という気力すら湧かない。

そんなぴーを見ていて、どこにどう進んで行ったらいいんだろう……って私自身が迷いの中に入ってしまうことがある。

学校に行けとはうるさく言わない。
なんだか今のぴーには休養が必要な気がするから。

でもそんな娘をただ気楽に眺めている訳じゃない。
バレーボールをしたがっているぴーを、なんとかその場に戻してあげたい。
私の方が焦って来てしまう。

そんな焦りを感じると、全てのものに焦りを感じてしまう。
自分の仕事のこと。自分の環境のこと。自分のしていること。自分の進もうとしている道。

全てのことに関して行き先が分からなくなって来てしまう。

こんな時は頭の切り替え作業をする。
そうしないと眠れなくなる。

一日も早く元気なぴーの制服姿が見たい。安心してぴーの帰りを待ちたい。

生きて行くって本当に難しい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ワンコブログ復活します。

実は……

突然のことなんですが、保健所の飼育遺棄犬などの保護をされている団体さんのお手伝いとしてワンちゃんの一時預かりをすることになりました。
そのため、報告ブログを書かなければならなくなったので、きちんとしたわんこブログを復活させることにしました。

そのためには形から入る私は、「やっぱりちゃんとわんこブログらしいデザインじゃないと……」と、以前使っていた、「こむぎんち」を手入れして「こむぎんち+(ぷらす)」として使うことにしました。

と言っても、ここは大切な私のつぶやきの場となっているので、ここはこのまま暗〰い私のつぶやき場として残しておきたいと思います(笑)

万が一、この記事に気づいた方がいらっしゃいましたら、また新たな「こむぎんち+」に遊びに来てやって下さいませ。

またバタバタした日が来そうな我が家です。
なんでこうもあれこれしたがるんだろう。私……(^_^;)
だから主治医に怒られるんだよな(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本音

遂に私には本音を吐ける所がココしか無くなってしまった。


今、私はきっと欝期に入っている。

何も出来ない。
料理すら出来ない。

何のために生きているか分からない。


ただただ、毎日呼吸をしているだけ。

こんな私が人の悩みを聞くカウンセラーなんかやってるんだから笑っちゃう。

でも仕事の時だけはスイッチが入って、人間が変わったように動けるし、キビキビしてるんだよね。


だからこそクライアントの前ではこんな姿は見せられないから、どんどんどんどん本音を吐ける所が無くなってしまった。


もう笑わなくなって何日経つだろう。


お腹を抱えるくらい笑いたいな…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

真っ暗闇

只今、私は真っ暗闇の中に居ます。

特に何が変わった訳ではありません。
細々と仕事もしているし、家族関係も変わりないし……。

以前、皆さんに一緒に喜んでもらった13年ぶりに再会した娘とも連絡を取り合っています。
昨年の10月には二人目の孫まで生まれちゃっています(^_^;)。

でも……なんだか真っ暗闇の気分です。

私はこの時期がとても嫌いなんです。
春が近くなって来るのはとてもワクワクします。
花粉症を持っている訳でもないので、桜の季節はとても待ち遠しいです。

でも、以前市役所勤めをしていた私は、この年度末の時期、どうしても別れが多くなってしまうのです。
今回も仲の良かった人が何人か異動や転職で私の近くから離れてしまうことになってしまいました。

別に毎日会いに行っていた訳ではないし、近くに居てくれなきゃ困ることは何もないし、会えない距離になってしまう訳じゃないんだけど、でもそこに居て欲しかった……。

そして主治医まで年度末で変わってしまうことが決まってしまいました。
1年以上お世話になって、決して優しい先生ではなく、時折厳しい言葉でピシッと片付けてくれちゃう女医さんだったので、そんなに頼りにしているなんて思ってなかったのに……。

先生の異動の案内を見た途端、涙がドバーッと流れ出した。
人と別れなきゃいけないと聞いて、その瞬間に泣いたのは初めてかもしれない。
そのくらい何だか凄く凄く寂しかった。

先生の異動先はまだ決まってないようなので、近くだったら追いかけて行くつもり。
今は追いかけて行ける距離に決まってくれるのを願うばかり。

こんな時に限って、船越栄一郎の妹の自殺の話が入って来る。
私は今は鬱状態がそんなにひどい訳じゃないし、薬で随分安定している。
自律神経は安定してくれてないけど、薬でなんとかなってる。

でも、鬱病の人のそんなニュースを聞くと、いつ自分がそんな風になるか分からないな……なんて気分になって来る。

それに昔、友人に「ふうにゃってマグロみたいだね」と言われたことがある。
「止まると死んじゃうでしょ」という意味らしい。

昔にも「何でそんなに肩に力を入れて生きているの?」って聞かれたことがあるけれど、
もともとダラーッとした生活が好きな私がなんでそんな風に言われるのか、何でそんな風に見えるのか、意味が分からなかったのだけれど、最近やっとその意味が分かるようになって来た。

私って、何かやっていないと、何かがないと「明日がない」ような明日が真っ暗闇な気分になってしまうんだ。
もう明日がなくなってしまう。これから先に何もない……そんな気分になってしまって焦って動いているんだってことがなんとなく分かって来た。

主治医には「止まっても死なないってことを覚えなさい」って言われているけれど、生まれ持った性格……そんなに簡単に直せるものではない。

そのくせカレンダーの予定がいっぱい入ると、それを見ただけで具合が悪くなってしまうのに……。
ホントにおかしな話だ。

でも今は真っ暗闇な気分の中。
さて……今日はこの気分から抜け出すために何をしようかな。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりのブログ

久~しぶりにブログを書いてみる気になった。
こんな久しぶりなブログ、誰が気づくだろう(苦笑)。

もうブログ友達達からもリンクを外され、付き合いも全くない。
そりゃそうだよね。私が全く連絡もしないし、コメントもしないんだから。。。

昔のブログに変なコメントが入っていて、それを確認するために、久しぶりに昔の「こむぎんち」を見てみた。
すごく手入れをしていて、ブログ熱の熱いこと、熱いこと。
我ながらあんなに熱心にやっていたことに心底驚いた。

それができなくなってしまった原因。
フルで働いて忙しかったのももちろん原因のひとつだが、この1月に病気が再発してしまったからだ。

私はもともと鬱病患者だった。
少しずつ少しずつ社会復帰し、もう大丈夫だと思っていて鬱病患者だったことも記憶の片隅に行っていた今年の1月。
普通にインフルエンザに掛かり、普通に治ったはずなのに、そのインフルエンザのお陰でひどい鬱状態に入った。
何かの病気で誘引してしまうのだそうだ。
ひどい鬱状態はすぐに治ったが、それから「不安障害」という病名を付けられ、主に自律神経失調症と変わらない症状ではあるが、体調の悪さと戦っている。

それからは大量の薬とつきあいながらも、以前のような体力はなくなり、集中力もなくなった。
仕事は「離婚カウンセラー」として独立したので、フルタイム勤務ではなくなったが、その自分のHPすら順調に更新できず、そちらのブログすらろくに書けない状態になっている。

そんな中、先月、引越しまでしてしまった。
HPやブログの引越しではない。本当の家の引越しだ。
主治医からは「何で今、引越ししなきゃいけないの?」って怒られる始末(^_^;)。
とにかく「落ち着いて静かに生活して」ばかりを主治医に言われていたので、生活が根本的にバタバタしてしまう引越しなんてもってのほかだったのだ。

でも、この引越しは我が家にとって、とてもタイミングのいい引越しだった。
私が事務所が欲しいと思っていたところに、今まで住んでいたところより一部屋多いマンション。しかも娘のぴーの中学校にますます近くなる場所。
申し分のない物件だった。

多分、これを逃したら引越しなんで一生なかっただろう。
と言うか、一生引越しするなんて思ってもいなかったんだから。。。

主治医に怒られながらも引越しを済ませ、もう少しで1ケ月。
環境の変化に既に5歳になった小麦が対応できるかどうかが一番心配だったが、最初は戸惑っていたようだった小麦もいつの間にか「自分の家」と認識し出して来ているようだ。

今までは集合住宅の5階だったが、今度はマンションの1階。
猫の額よりも狭いような庭も付いている(^^)。
洗濯物を干すときには小麦も一緒に庭に出てきて草を食べている(笑)。
のどかな風景にホッと安心する。

望んでいた事務所も素敵な相談室が出来上がった。
あんちゃんもやっと手に入れた「自分の家」に大満足のようで、なんだか家族自体が全て落ち着いたような気がする。

これで私の体調も少しずつ良くなって行けばいいのだが。。。

これからの小麦ライフ。また少しずつ書いて行けたら……そして、以前のブログ友達ともまた距離が近づけられればいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一日市長だって

久しぶりにぴーのこと書いちゃいます(o^∀^o)

 
この間、帰宅途中に先に帰っているはずのぴーに電話したら、
「先生から電話来た」
と言った。
 
去年は役員の用事で何度も先生から電話が来たが、今年は特別用事もないはず……。
 
んじゃ~、ぴーが何かやらかしたか?(-"-;)と思ってぴーに聞いても心当たりは無いと言う。
 
もう一度掛かって来るという先生からの電話をドキドキしながら待った。
 
数分後、電話が鳴った。
思いっきりドキドキしている母をよそに、先生はとても冷静に、でも突拍子もないことを言い出した。
 
「ぴーさんに仕事を依頼したいんですけどね」
 
「……はぁ?仕事?」
 
「夏休み中に一日市長というのがあって、ぴーさんにお願いしたいんです」
 
……?
 
エ~!(」゜□゜)」
 
最初、先生が何を言ってるのか分からず、やっとのことで内容が呑み込めた私はビックリよ。
 
ぴーが代表(市で2名らしい)?
一日市長??
 
どういう基準で選んだんだか……(-"-;)
図体でかくて目立つからか???
 
一応、市の機関で働いている私。
当日は心配で仕事になりそうにないよ……(∋_∈)
 
ウ~…今から心配で胃が痛い。
まだ1ヶ月先の話だと言うのに(^。^;)

| | コメント (0)

やしゃご

先日、97歳の私の祖母が亡くなった。

そう。既に父親が老後突入だってのに(^_^;)、その母親がまだ生きていたのだ。
私の母親は、私が30の時に死んだってのにさ(-_-#)。

久しぶりに見たば~ちゃんの顔は眠ってるみたいだった。

こんだけ長生きしたし、昔は兄弟が多かったから、さすがに孫は沢山居る。
ひ孫も結構な人数だ。

でもやしゃご(孫の孫)は楽生ひとりだったよ(^-^)

ついでだからば~ちゃんに報告して来たけど……
来月1歳になるやしゃごを一度抱かせてあげたかったなぁ~。

あ…
先週の土曜日にやるはずだったぴーの運動会が火曜日に延期になって、その火曜日がまたまた雨で水曜日に延期。。。

でもこの延期のお陰で、私ゃ職場から忌引きが頂け、通夜に出席する早退はもちろん、次の日に運動会を見に行くためにも、忌引き適用になりました~ヽ(´ー`)ノ

ありがと、ば~ちゃん♪

| | コメント (0)

13年ぶりの再会

今年のGW。
例年通りの青森行きだったけれど、例年とは全く違う、私の人生を変える一日を過ごすことができようとは、GW数日前までは思ってもいないことだった。

15年前に別れた娘。
13年前に最後に会ったっきり、一度も連絡すら取り合っていなかった娘。。。
5月4日。。。
その娘と遂に再会することができたのだ。

娘とは15年前から別れて暮らすようになった。最後に会ったのは13年前。
私が引っ越して遠く離れてしまう直前だった。

娘の名は「かすみ」。かすみ草のかすみだ。

その娘がなんと去年の夏に孫を産んでくれた。まだ19歳だというのに。。。
突然のできちゃった婚。
目の前で起きた出来事ではないのに、突然のニュースにかなり焦ったのは今でも忘れない。

妊娠を聞いたのも、出産を聞いたのも、孫の写真を貰ったのも全て元旦那から。
出産前と出産後には贈り物をしたが、それも元旦那に送った。
贈り物は「母親から」と伝えてくれていたらしいが、元旦那も娘に遠慮していたのか、私の連絡先はずっと教えていなかった。
私は「母親から」だと分かっていて、受け取ってもらえただけで十分だった。

「喜んでいた」とは聞いていたけれど、かすみがどんな顔で受け取ったのか……それを想像するのも怖かった。

会ったことのない、たった一枚の写真でしか見たことのない孫。
それでも孫はやっぱりとても可愛い。
「会いたい」「抱きたい」とは思わないようにしていたが、ずっと縁のなかった赤ちゃん用のものが目に付くようになった。

そんなある日。。。
スポーツ用品売り場に並んでいた、赤ちゃん用のスニーカー。
小さくてとっても可愛くて、孫に買ってやりたくなった。
「また元旦那に送ろう」と思って買った。

が……何故かなかなか送れなかった。
もう受け取ってくれるのは分かっているのに、でも、なんだか理由もなしに物を送るのが怖かった。
そうこうしているうちに2ヶ月が経った。
気づくとかすみの誕生日の目前だった。
「これを口実に送れるかな」と思いつつ……かすみの誕生日を迎えてしまった。

いつまで持っててもしょうがない。孫が大きくなっちゃうよ。。。

節目のハタチの誕生日。
大人になったこと、お母さんになったこと……「おめでとう」ってきちんと伝えたかった。
「ええい!」と思い切った。

かすみに初めて手紙を書いた。
破られて元々。捨てられて元々。読んでくれたらもうけもの。。。
そんな気持ちだったが、それでも今の気持ちを素直に書いた。
せっかく書くのだから、上手く取り繕うのも嫌だったので、今の状況も素直に書いた。

「貴方には8歳年下の妹が居ます。妹は青森にお姉ちゃんが居ることを小さい頃から知っています。まだ見ぬかすみお姉ちゃんに憧れています。この子に罪はありません。いつか会いに行ったら、どうぞ受け入れてやって下さい」

と書いた。

今度いつ、かすみと連絡が取れるか分からない。
手紙の一番最後には
「貴方が本当に困って、どうしようもない母親でもいいから頼ろう、という状況になったときは、いつでも遠慮なく連絡して下さい」
と私の連絡先を書いておいた。

荷物が届いた旨、元旦那からメールが来た。
「喜んでいた」というメールに、とにかく受け取ってくれたことを喜んだ。

その翌日……

私の携帯が鳴った。見知らぬ番号だった。
電話はかすみの旦那からだった。
かすみは恥ずかしがって電話に出られないと言っていた。
「会いに来てやって下さい」
と予想だにしない言葉が受話器から聞こえた。
私は泣いて泣いて言葉にならなかった。

その電話をもらったのがきっかけで、このGW、念願の再会を果たすことができた。

最後には見たのは小学一年生。
ハタチに成長した娘……どんな風に成長しているんだろう?
どう想像しても私の中には小さなかすみしか居なかった。

Kasumi2 でも、一目見てすぐに分かった。
会いたかった、触れたかったかすみ。。。
何度も何度もこの日を夢見た。
でも本当にこんな日が来るなんて思ってもいなかった。

すぐに抱きしめた。ずっと抱きしめていた。

「ごめんね」「苦労させたね」「ありがとうね」
胸の中にあった言葉を言い続けた。
かすみは泣きながらただ首を横に振るだけだった。

この日、一緒に居たのは2時間足らずだった。
お互い緊張してしまって、なかなか思うように話ができなかった。
でも、なんだかそれで十分だった。

幸せそうな顔を見て、幸せそうな家族を見て……。
かすみの笑顔を見ることができて私はもう何も言うことはなかった。

そして最初に電話を貰ったとき、有難いことに「妹さんも一緒に」と言ってもらったので、ぴーもお姉ちゃんと甥っ子に会うことができ、なんだかいっぺんに願いが叶ってしまった。

この日から毎日かすみとメールのやり取りをしている。
13年の穴を埋めるように、かすみが生まれたばかりのこと、最近のこと、家族のこと、仕事のこと……
様々なことを何通も何通もメールのやり取りをして話をしている。

一度、ぴーに聞いてみた。
「お母さん、毎日お姉ちゃんとメールのやり取りしているとイヤ?」
そしたらぴーは
「全然イヤじゃないよ。だってぴーは毎日お母さんと一緒に居られるけど、かすみお姉ちゃんはずっとお母さんとお話できなかったんだもん。話さないと分からないでしょ?」

二人の娘とも、なんて優しい子に育ってくれたんだろう。

ありがとう、ありがとう。
罪深い母親がこんな幸せな気持ちになれて本当にいいんだろうか……と思うくらい、今、幸せな気持ちでいっぱいだ。

かすみへのメールに
「突然お母さんが現れたって、お母さんなんて思えないよね。
いいよ。何でも話せる友達が一人増えたって思ってくれたら」
と書いた。

「お母さんのことは、お母さんって思ってるよ」

最高の言葉だった。

別れ際にした約束。。。
「今までの罪滅ぼしをさせてね。」

お母さん、ますます頑張らなきゃね。うん、頑張るよ!

| | コメント (5)

最高のGW

毎年のことながら、青森に行って来ました(^o^)。
いつもなら桜真っ盛りなのに、今年はリンゴの花が満開!(@_@)
しかもこっちより暑くて、着いてすぐに半袖を買いに行くってど~よ……(;¬_¬)

ま、でもいつもの仲間は元気だったし、辞めて13年も経つ会社にも未だに堂々と入って行けるし(爆)、相変わらず楽しい旅でした♪

でも今年は前述の通り、例年にはない大イベントが!!

無事、可愛い娘夫婦と孫に会って来ました~(*^o^*)

娘と会った話は、すぐに泣きそうになっちゃうので、後日改めて書きます。
必ず書きます(笑)

んで、ラブリーなお孫ちゃん♪
まだもったいなくて写真を加工してないので(笑)、ココにはまだ載せませんが(そのうち載せるよ~ん(^v^))……

いや~ん♪ マジ可愛いよ~(*´∇`*)

ば~ちゃん、頑張って働くよ~♪
って素直に思えるくらい可愛いです(^-^)。

最近、色んなことに疲れてたけど、GWのお陰で大部リフレッシュできました。

現実に戻ったら、あっと言う間に疲れも復活だけどね(x_x;)

| | コメント (2)

信じられない喜び

せっかく引越して気分一新!
と意気込んでいたこのブログなのに、やっぱりバタバタして放置しました(-_-#)。
知らないうちにコメントもいっぱい頂いていたのに、それすら読まずにおりました。
なのでお返事もせず…本当にごめんなさいm(__)m。

でも今日は夢にも思わなかった程の嬉しいことがあったので、どこかにこの喜びをぶつけずに居られず、ここに独り言を書かせて頂くことにしました。

7月に産まれた私の可愛いお孫ちゃん。
もちろん写真は持ってるけど、まだ会ったことはない。
当たり前だよね。
その孫の母親である娘と、もう13年も会ってないんだから……。

離婚した家庭にも色々な形があると思うけど、私の場合は最初私の所に居た娘を色々な事情で向こうに託すことにした。
それから何度か会ったけど、会えば泣かせるだけだったので、最終的には会うことも連絡を取ることもやめた。

それから10年後…
娘の高校進学の歳に「返されて元々」と送ったお祝いに、元旦那が連絡をくれた。

それから何かあると、娘の近況を知らせてくれていたので、娘のできちゃった結婚も孫の誕生も知ることができたし、出産祝いを送ることもできた。

でもまだ娘本人とは全く連絡を取っていなかった。

が、娘のハタチの誕生日に合わせてプレゼントを送り、そこに「捨てられて元々…」と手紙をしのばせておいたら……

今日、娘の旦那が電話をくれたの(;O;)。
しかも、しかも!

「孫を抱きに来て下さい」

って言ってくれて…
もう電話で号泣してしまいました。

こんなに早く娘と再会できる日が来るなんて、本当に想像もしていなかった。

もうどうしていいか分からない気分。
校庭3周くらいして来ようかしらと思うくらい落ち着かない。

「子供を捨てた母親」とずっと背負って来た罪は許されるとは思っていないけれど、それでも孫を抱かせて貰えるなんて……
こんな嬉しいことがあっていいんだろうか。

しかもぴーとの姉妹初対面のおまけつきです。

ああ、どんな格好して行こう~。
何持って行こう~。。。


浮き足立ち過ぎて、明日仕事になるかしら…(;^_^A

とにかく、もうすぐ可愛い孫を抱いて来ま~す(o^-^o)。

| | コメント (4)

«風邪で病院に行くのはいけないのか?